忍者ブログ
FC東京が出来、東スタ(味スタ)が出来た。見に行って以来、FC TOKYOにはまっていった10年ソシオの男。小平グラウンドの雰囲気やら観戦記、FC東京について思ったことなどを中心に酒でも呑みながら書いていく備忘録。(戯れ言あり)
[173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本代表お疲れ様。本番にしっかり合わせてきたあたりが嬉しかったです。選手ばかりでなく、スタッフの方々の尽力もかなり効いていたのでしょうね。
本日、10日土曜日は、今野・長友の小平凱旋、甲府との試合、明日のチーム練習は休みという週末でした。
1000人のサポーター、ファンの皆さんが集まりました。自分は試合は、一本目しか見ていませんが、東京はポゼッションに苦しみ、甲府に試合を優位に進められ、結果も1ー2で折り返し。しかしなんとか三本で3ー3のイーブンに持ち込んだようです。
なぜ一本目しか見なかったのかと言えば、移籍間近でしばらく会えなくなりそうな長友選手に一言お礼を言いたかったために長い長い長友ファンサ専用列に列んでいたからです。普段ならば、選手たちには、練習後はなるべく早く体を休めて欲しいので、ファンサ参列は避けているのですが、今日だけはごめんなさいです。
正式発表はないですが、セリエが有力ということで、長友選手には「インテルのエトーはもちろん、スナイデルとガッツリやってくれ」と伝えました。
東京の日本人選手として初の欧州挑戦ということで、とうとうこの日が来たんだなと感慨深く感じます。
今チャンもワールドカップの熱い戦いを本当にありがとう。でも、練習冒頭の帰国挨拶で「集まれ~」を聞けなかったのが残念だったのは本音です(笑)。
米本や平松、直宏もグラウンドに出ているし、ユースも隣で練習を頑張っていたし、安心した1日でもありました。
北斗は誕生日だというのに、スパイクが合わないのかやたらと滑っていたけど、お子さんも産まれてパパとしてますます頑張って欲しいですね。近日中に紙オムツの差し入れをしようかななんて思っています。

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おはようございます。
小平グランド行かれたのですね。羨ましいぃ…
甲府との試合は今ひとつな結果のようでしたが、雰囲気は良かったでしょうか?
長友にはぜひイタリアで大暴れしてもらいたいと思っていますが、いつでも優しく楽しくファンに応じてくれた彼がいなくなるのは寂しいですね。
今度の週末から再開です。
またよろしくお願いします!
新町民 URL 2010/07/11(Sun)08:49:22 編集
無題
新町民さまこんにちは。
数日前の羽生選手のコメントによれば、甲府戦はポゼッションサッカーとカウンターサッカーの二つをテストする。とのことだったので、結果はあまり気にせずに割り切ってやっていたのかも知れませんね。
それにしても、甲府の流れるような速いパスワークに翻弄されていた立ち上がりではありました。
チームの雰囲気は良かったと思いますが、昨日はかなり蒸し暑かったですし、疲れもだいぶ蓄積しているようでしたよ。気になったのは、大黒選手の動き出しに合わせるとか、使い方にまだまだ戸惑っているのかな?というのと、北斗のオーバーラップ後にカウンターを食らったときの大竹の戻りの遅さでしょうか。
一本目の先発メンバーがそのままリーグ再開戦の先発ならばちょっと心配です。
いよいよJリーグ再開ですね。来週からまたよろしくお願いします!
青赤バイカー 2010/07/11(Sun)15:29:38 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
青赤biker
性別:
男性
趣味:
ツーリング/ドラム
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
お天気情報
フリーエリア
FX NEWS

-外国為替-
最新CM
[05/14 backlink service]
[01/20 青赤バイカー]
[01/20 新町民]
[11/19 青赤バイカー]
[11/17 新町民]
最新TB
(04/05)
(03/22)
(03/14)
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
忍者アド
忍者アド
忍者アド
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○