忍者ブログ
FC東京が出来、東スタ(味スタ)が出来た。見に行って以来、FC TOKYOにはまっていった10年ソシオの男。小平グラウンドの雰囲気やら観戦記、FC東京について思ったことなどを中心に酒でも呑みながら書いていく備忘録。(戯れ言あり)
[175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

言わずと知れた今回の一件。
新潟が開始から終始東京の後方からのビルドアップにプレスをかけ、高い位置でのインターセプトを狙っていたのは明らかでした。
実際、不用意な横パスを奪われ、そこからカウンターで失点して敗戦しています。
おそらく権田は東京の特徴を最後まで押し出して戦おうと考えたのでしょうが、ベンチスタートの梶山はそれでは危険だと前半戦を見ていたのだと思います。
効果的なロングボールを入れて撹乱し、ワンチャンスで仕留めるべき…それを狙った時間帯もありましたが、最後の壁を越えられず、跳ね返されるばかり。
平均身長の低い東京のウィークポイントです。
上手く行かなかったのだから、選手それぞれにいろんな意見があるはずです。
それなのに言いたいことを胸に閉まっていては、争いも起きないかも知れませんが、前進もない気がします。
梶山は感情余って権田の胸ぐらをつかんでしまった。 今の日本の風潮に当てはめたら誉められた行動ではないです。
しかし、共にユース出身選手の雄であり、将来の東京はもとより、日本代表を背負うべき二人だからこそ、プロとして、チームのためにぶつかり合い、その後にはきちんと謝罪するなりして理解し合おうとした。
二人の姿勢に、東京の選手に足りなかった部分を感じ、一皮むけていく予感がしています。
日程的により不利で過酷な中での連戦です。
よい結果が続けばよいに越したことはない。しかし、選手が気分的に戦いやすい雰囲気を作り出すことが必要だと思います。
リガ・デ・キト戦はおそらく、スーパールーキー永井君が観戦に訪れるのではないかと予想しています。
浦和・東京・名古屋のどちらかに決めるための半月の3チームへの練習同行。
東京は、J初のスルガ銀行カップウィナーと名古屋戦で良い試合をしたいところです。
もちろん、永井君のためではなく、チームの栄誉のために。

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
青赤biker
性別:
男性
趣味:
ツーリング/ドラム
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
お天気情報
フリーエリア
FX NEWS

-外国為替-
最新CM
[05/14 backlink service]
[01/20 青赤バイカー]
[01/20 新町民]
[11/19 青赤バイカー]
[11/17 新町民]
最新TB
(04/05)
(03/22)
(03/14)
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
忍者アド
忍者アド
忍者アド
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○