忍者ブログ
FC東京が出来、東スタ(味スタ)が出来た。見に行って以来、FC TOKYOにはまっていった10年ソシオの男。小平グラウンドの雰囲気やら観戦記、FC東京について思ったことなどを中心に酒でも呑みながら書いていく備忘録。(戯れ言あり)
[88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

始まって数試合ですが、お互い開幕ダッシュに失敗したともいえるチーム、磐田とのアウェイ戦。
お互いに悲しいくらい失点しましたよね。
しかし、互いにナビスコで立て直してきました。
苦手の雨のなか、いつものように立ち上がりから幾度となく決定的なピンチを招きましたが、権田のスーパーセーブ連発!
3~4点取られて負けていてもおかしくなかったけど、勝利を手繰り寄せてくれました。
ジュビロにしてみれば、あれだけの決定期をことごとく止められてしまったら勝てないでしょうね。ジュビロキラーとして期待された赤嶺も82分、達也のパスに反応し、相手マークを振り切り、冷静にゴール!
監督の目指す究極の理想像とは違う試合運びでしょうが、今日の天気や試合の流れ、システムの相性、マッチアップの相手、などなど、さまざまな条件を考えた現実的な戦い方で、アウェイで、1-0で堅く勝ち点3を勝ち取りました。
今日の磐田は、赤嶺のゴールが決まるまでは、素晴らしかったと思います。
正直、今日は勝ち点1でも十分かもしれないなとも思いました。
大竹・カボレを、石川・達也に変えたところで、東京は運動量とスピード勝負を選択するわけですが、相手は萬代が入り、当然ゴール前のパワープレー。高さ対決では分が悪くなり、磐田にコーナーを取られたときは、嫌な予感もしました。しかし、そこを権田の体を張ったパンチングで凌いだとき、勝ちを確信できました。
これでリーグ戦2勝2敗の五分。暫定8位となりました。
しかし、得失点差は-3。これを大きくプラスに持っていかなければ、最後の最後に泣くことになりますから、今後も完封・先制・大量得点を目指してやっていって欲しいです。
ちょっと勝ったら欲が出てしまいますね。
次戦は鹿島。ホームですからね。勝ちを目指しましょう!
風邪を引いているのですが、勝ち点3は何よりの良薬となりそうです。

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
1-0の美学
ジュビロ磐田 0-1 FC東京 得点:赤嶺真吾 屋根のないヤマハスタジアム。 雨に打たれる東京ゴール裏は、いつもよりはおとなしい。 携帯を濡らすのがイヤでメルマガ速報を配信しなかった。 すいませんでした…。 試合開始早々、磐田FWジウシーニョが権田と1対1でシュート。 権田の意地の顔面ブロック。 結果論だけど、ここで勝負が決まったと言っても過言ではない気がする。 時間を早送りして赤嶺のゴールシーンとこれを比較する。 ジウシーニョの方は細かい状況は正直もう覚えてないし、...
URL 2009/04/05(Sun)13:02:54
プロフィール
HN:
青赤biker
性別:
男性
趣味:
ツーリング/ドラム
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
お天気情報
フリーエリア
FX NEWS

-外国為替-
最新CM
[05/14 backlink service]
[01/20 青赤バイカー]
[01/20 新町民]
[11/19 青赤バイカー]
[11/17 新町民]
最新TB
(04/05)
(03/22)
(03/14)
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
忍者アド
忍者アド
忍者アド
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○