忍者ブログ
FC東京が出来、東スタ(味スタ)が出来た。見に行って以来、FC TOKYOにはまっていった10年ソシオの男。小平グラウンドの雰囲気やら観戦記、FC東京について思ったことなどを中心に酒でも呑みながら書いていく備忘録。(戯れ言あり)
[69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夜勤明け、気合いを入れてフクアリへ。長蛇の列の中、前目の席を確保できた。
選手は後半だって気合い入ってましたよね。
例えば、達也は足をつるまで走り回り、大竹は、誰も追わないボールを拾いセンタリングを上げる。
ただ、千葉も、かなりの不利な状況の中、後半勝負を仕掛け、交代策が上手くはまってしまった。

東京は大量得点して勝ちたい感じがありありで。
貪欲になればなるほどフレッシュな相手選手のカウンターにハマっていってしまったのかな。
勝ち点3だけならば、セーフティーに時間稼ぎしたでしょうし。
しかし、あの時点で、川崎が勝っていたいじょうは、点をとるために、まえがかりにならざるをえなかったのかな?と思います。
選手もそれぞれが情報が入らない中で混乱していたのかも。
また、逆に、2点とり、安心してしまったとも言えますが。
真剣勝負をした人なら誰しもわかると思うけど、勝負とはこういうもの。
まして、プロ同士の戦いならば、すきをつかれたら負け。

勝負は奇跡とか神とかではなく、勝つことも必然だとすれば負けも必然の理由があるはずなのだが。

千葉さぽの友人は泣いたそうです。
家路につきながら、スタジアムから漏れ聞こえてくる千葉の選手達の歓喜のインタビューを聞いていました。

おめでとう。
でも、来年はこう上手くは行かせないから。

鹿島は小笠原の離脱がありながらもきっちり優勝。層の違いなのか?いや、ちょっとした経験・12冠の勝つチーム風土の差だとおもうな。これを乗り越えるのが難しいくせ者だけど。

でも、今年はうちの選手も監督も毎試合学習してるからね。借りは来年きっちり返すから。

さぽは?
学習しよう。

今年は本当にいいリーグシーズンをすごさせてもらいました。心から感謝です。
でも、この一年、勝てていた試合、引き分けられた試合もありました。
もちろん、最後に追いついたりした試合もありましたが。

でも、その取りこぼした勝ち点の数が鹿島との差だと思います。

来季も優勝争いができるチームであり続けることができるか?
そうしたら、その先のドアが東京の為に開かれ、まだ見ぬ世界が見られるのではないでしょうか?

今年の東京にはまだ、天皇杯を掲げるチャンスが残されている。
ユアスタで難敵清水を撃破し、エコパで荒れ狂い、元旦国立へ。行こう。
この一年、東京は挑戦者の立場からここまではいあがって来たんだから。
城福東京はまだ一年生なんだ。
悔しい戦いを経験し、見てろよ。
選手はピッチで、サポーターはスタンドで成長した姿を見せるしかないでしょ!

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
青赤biker
性別:
男性
趣味:
ツーリング/ドラム
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
お天気情報
フリーエリア
FX NEWS

-外国為替-
最新CM
[05/14 backlink service]
[01/20 青赤バイカー]
[01/20 新町民]
[11/19 青赤バイカー]
[11/17 新町民]
最新TB
(04/05)
(03/22)
(03/14)
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
忍者アド
忍者アド
忍者アド
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○