忍者ブログ
FC東京が出来、東スタ(味スタ)が出来た。見に行って以来、FC TOKYOにはまっていった10年ソシオの男。小平グラウンドの雰囲気やら観戦記、FC東京について思ったことなどを中心に酒でも呑みながら書いていく備忘録。(戯れ言あり)
[68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

午前中は、車検のために車を業者に持っていき、バイクで味スタへ向かう。
予定通りならばソシオ開門前には余裕で着く時間だ。

ところが、途中でエンジンがギア滑りのような空ぶかしの状態に!いくらふかしてもタイヤに動力が伝わらない!
どうやらチェーンの役割をしているVベルトが切れたらしい。
Vベルトが切れるなんて、東京の現在を表す、なんとも象徴的な箇所なのでびっくりする。

知り合いの業者がすぐに引き取りに来てくれ、最寄りの駅まで送ってくれたので、まだまだ間に合うぜ。

ということで、電車で飛田給へ行くことにする。

15時過ぎに着いたのだが、いつものゴール裏あたりの席はおろか、バックも、アウェイゴール裏付近まで伸びている。これこそ青赤大作戦の成果だ。
35000人越え。素晴らしい。
しかし、35000人は今までもあること。4万人超えて初めて手応えを感じるよな。

試合は残留を決めたい新潟の意地も最後まで素晴らしく、なかなかに堅い締まった試合。塩田が神でなかったら3点はとられていた。

それでも、大竹・達也・真吾が流れを変える。
城福東京の辞書には、゛あきらめる゛という言葉はない。
そして、大竹→赤嶺で1ー0で勝利。

結果勝ち点55で5位に浮上。
最終節はとにかく勝って、58へ伸ばそう。

東京が3位になるために、次節だけはヴェルディと名古屋の勝利を願い、応援したい。 

ちなみに、天皇杯優勝チームがACL参戦できるのは周知だろうが、天皇杯優勝チームがリーグ3位までとダブってしまったら、リーグ4位にも参戦権が回ってくる。つまり、それが名古屋なのだ。 だからなおさら、5位では終われないと思うし、天皇杯元旦はぜひ、東京対名古屋にしたい。

ひとつでも上の順位で終わろう。
順位ひとつで、賞金だって何千万円も違ってくるからね。

08.11.30 エキサイティングな一日だった。

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
青赤biker
性別:
男性
趣味:
ツーリング/ドラム
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
お天気情報
フリーエリア
FX NEWS

-外国為替-
最新CM
[05/14 backlink service]
[01/20 青赤バイカー]
[01/20 新町民]
[11/19 青赤バイカー]
[11/17 新町民]
最新TB
(04/05)
(03/22)
(03/14)
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
忍者アド
忍者アド
忍者アド
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○