忍者ブログ
FC東京が出来、東スタ(味スタ)が出来た。見に行って以来、FC TOKYOにはまっていった10年ソシオの男。小平グラウンドの雰囲気やら観戦記、FC東京について思ったことなどを中心に酒でも呑みながら書いていく備忘録。(戯れ言あり)
[166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

駒沢新潟戦はロスタイム1ー0の勝利。久しぶりに座ったバックスタンドもあの瞬間はさすがにお祭り騒ぎだった。
日頃ゴール裏の人々がバックに流れたことも、駒沢のゴール裏の熱さに多分に影響はしていただろう。
駒沢での公式戦初出場の秀人のプレーはユニバー代表キャプテンの片鱗を見せた。大竹も今年は調子が良さそうだし、結果が出て嬉しかった。

というところで、今日のアウェイ仙台戦へ。
特殊なレギュレーションの予選のため、残り4節のうち東京は3節を残す。
勝ち点を積み上げて行くしかない。
ところが、前半早々に裏を取られて失点する。
がその後も東京らしく能動的に攻める。攻め入りはするが、相変わらずコンセプトに忠実であるが故に、シュートまで徹底して時間を掛け、手数も多いために相手は余裕で自陣へ戻ってしまい守りに入る。そして横パスを簡単にインターセプトされるため、決定期は造れはするもののゴールを割れない。どころかカウンターを喰らう。危なくじれったい展開。

今日は結果的には立ち上がりのバタバタの失点に尽きるのだが、得点出来ない゛攻め方゛にも熟考しなければならない。選手のコンディションの問題とは思えないのだ。

先制された時点で、゛タイトル奪取゛のために頭を切り替えて割り切ってもいいんじゃないのかなと思うのだ。
先制された時点で、まずはムービングフットボール一辺倒を捨て、カウンターでも一点取ってやる的な意思統一で追いつき、追いついてからまた落ち着いてやり直すっていう風に。
言いたいのは、ムービングフットボールは大前提とはしつつも、勝ち点奪取のための゛確率゛と言うこと。
強豪はみんなそうやってゲーム中にプランを変えながら勝っていると思うし、勝てば、それはビッグクラブへの道なんだと思う。

城福東京は道半ばなのはわかる。
しかし勝ちやタイトルは何よりの幸せをもたらす。

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
青赤biker
性別:
男性
趣味:
ツーリング/ドラム
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
お天気情報
フリーエリア
FX NEWS

-外国為替-
最新CM
[05/14 backlink service]
[01/20 青赤バイカー]
[01/20 新町民]
[11/19 青赤バイカー]
[11/17 新町民]
最新TB
(04/05)
(03/22)
(03/14)
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
忍者アド
忍者アド
忍者アド
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○