忍者ブログ
FC東京が出来、東スタ(味スタ)が出来た。見に行って以来、FC TOKYOにはまっていった10年ソシオの男。小平グラウンドの雰囲気やら観戦記、FC東京について思ったことなどを中心に酒でも呑みながら書いていく備忘録。(戯れ言あり)
[62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

過ぎ去った事を書くべきか迷ったのだけど、昨夜、ナオのブログを読んで、書かずにはいられなくなった。
天皇杯試合前のナオのコメントから、本気でカップを狙っている意気込みがビシビシと伝わってきていた。元旦国立への想い。
その想いを共有し、夢を現実にするためにも、味スタへと向かいました。
ナビスコ杯では大分がカップを掲げ、最高の笑顔を見せていました。
あの笑顔が東京の選手だったら・・・ 東京の戦士たちの嬉しそうな顔が浮かんでくる・・・
そう思いながら、心底うらやましかった。
おこがましいかもしれないけど、天皇杯も全力でサポートして、チームを決勝で勝たせてやりたい。そう思っていた。
前回のエントリーにもその種の日記を書いたのだけど、スタンドの雰囲気は危惧していたとおりの、例年同様のマッタリムード。
試合前の宮沢コールには参加したが、試合中に宮沢コールが起きたときは、思わず『え~!』と声が出た。例年、あれほどの東京OBへの厚遇は記憶にない。
ナオブログのコメント同様、自分も違和感を感じた。何度も繰り返されたその部分のみ、自分はコールは控えた。
今の自分の立場は2008年の東京戦士たちをサポートしているのだから。
今年、新しいフットボールにトライして頑張ってきたこの選手たちと、決勝進出という最高の集大成を築きたいから。

あの、仙台のホームかと思わせる宮沢への後押しの連続。今年入った選手はどうかんじただろう?
レンタル中の佐原・達也・荻らは来年もこのサポーターとこのチームで!と心から感じられただろうか?
自分が東京の選手だったら、『ここは味スタじゃないの?!』とイライラしたかな。
もし、仙台の選手だったら、『この雰囲気を味方にして点穫っちゃおうぜ!』となるでしょう。
宮沢や、ましてや由紀彦との再会が感慨深いのは良くわかる。
でも、OBへのコールはアップに出てきた時だけでいいと思うな。
試合中の応援パワーは、あくまでも今の東京戦士たちのために使いたいしね。
サポーターの力って自分達が思う以上に影響力があるのかも知れないよ。
私たちサポーターが我が行動をかえりみて、変化していくきっかけとなる試合でありたい。
2008東京戦士よ、あの雰囲気の中、初戦突破本当にありがとう。夢をつないでくれて感謝しています。
心を一つにして、元旦国立の夢を叶えようね。

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
青赤biker
性別:
男性
趣味:
ツーリング/ドラム
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
お天気情報
フリーエリア
FX NEWS

-外国為替-
最新CM
[05/14 backlink service]
[01/20 青赤バイカー]
[01/20 新町民]
[11/19 青赤バイカー]
[11/17 新町民]
最新TB
(04/05)
(03/22)
(03/14)
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
忍者アド
忍者アド
忍者アド
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○